今日も夢見る^^オノボリサン

福島県の中通りより、人生の楽園を夢見るmokkori一家とその仲間たちのお話です。グルメ、レジャーなど楽しいお話をたっぷり!!

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

白河の旅 完結編  だるま市

白河地方に春を告げる伝統行事「白河だるま市」

毎年、約15万人の人出で賑わいます。
DSC02287.jpg
DSC02281.jpg
松平定信公は、天明3年(1783)10月16日白河藩を襲封した時は、天
明の大飢饉の年で藩財政も10万石余の歳入欠陥があった。

このため公は、農商工の産業振興政策を強力に推進した。この中で市の振
興のため、青物市場や追駒と称する特殊市場の馬市を設け、資金の貸し付
けを行なった。

また、花市(旧正月14日の初市)に縁起物のだるまを売物とするため、
だるまの絵付けをお抱え絵師・谷文晁(たにぶんちょう)に描かせたと
伝えられている。

又、公も「だるま大師」の絵を画かれている。これが、福々しいだるまとし
て全国に名高い「白河鶴亀松竹梅だるま」である。眉毛は鶴、髭(ひげ)は
亀、耳髭は松と梅、あご髭は竹を表している。

だるまには18種類の大きさがあり、領民は初市でこのだるまを買って神
棚に献じ、毎年一回りずつ大きなだるまを買い換えた。

以来、花市より白河だるまが有名になり、今では日本一のだるま市として知
られている。

DSC02290.jpg
沢山の出店が立ち並び、歩けど終わりなき店の数でした^^
名物の「三笠焼き」です、あんこ少なめでしたがうまかった~~
実は今回「遠藤菓子店」さんの栗饅頭がお目当てだったんですが・・・
いろいろ食べすぎてギブアップ、てか、行く元気がもう残ってなかった^^
次回はたっぷり買ってきます^^・・・
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

白河詣でお疲れ様でした、とら食堂、休みの日は凄い混みようなんですよね。
しかしいつ行っても静寂を保っているのが白河の関、たまに
行きたい所です。
小峰城、離れてみると綺麗でバランスが良いお城ですね。
近くに行くとそのこじんまりとしたたたずまいに驚きます。

だるま市端から端まで歩くと結構足が棒になりませんでしたか?
夕方になると、だるまの値段を値切るのが楽しいんですよ。
  • posted by フォワード 
  • URL 
  • 2009.02/13 21:34分 

 

フォワードさん
こんばんは、
はじめて、白河歩きました。
白河の関は意外とポサ~~っとしてました^^
まぁお陰でゆっくり堪能できましたけど^^
とらさんは残念でした・・どっからあんなに人が^^
お城好きのmokkoriにとって小峰城を訪問できたのは素晴らしく課題整理となりました。
だるま値切れませんでした。なんか咥えタバコのお兄さんたちがこわ~~ッ(笑)
咥えタバコで大判焼きとか、たこ焼きとか、焼きそばとか、近づきにくかった・・
真面目な出店でしっかりと満腹になりましたけど・・^^
  • posted by t-mokkori 
  • URL 
  • 2009.02/14 00:28分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。